入り口に壁紙を貼りました。

お知らせ
05 /25 2018
 白い壁紙では、どうも殺風景だという指摘をいただき、余っていた壁紙でデコレーションしました。

 真ん中には、白いブロックタイプのものを使いました。

 少しは、見栄えがするようになったでしょうか。

 週末は気温が上がりそうです。水出しコーヒーを用意して、お待ちしています。

平成30年05月25日入口
スポンサーサイト

今週のケーキとコーヒー

お知らせ
05 /24 2018
今週は、以下のケーキとコーヒーを用意しました。

ケーキ

スフレチーズケーキ

チョコチップとクルミのシフォン

バナナシフォン

プリン


コーヒー

エチオピア イルガチェフナチュラル 深煎り

ブラジル 手摘み完熟 一番摘み 中深煎り

グアテマラ アンティグア アゾアテ農園 FW 中煎り

今週はアンティグアの豆が新しくお出しするものです。爽やかな香り、酸味/甘味/苦味のバランスの良さが特徴です。

お待ちしています。 







プレート

その他
05 /18 2018
 お客様に、こんなプレートをいただきました。5mmぐらいの厚さの木の板をカットして作ったようです。趣味でこういうものを作られているようです。

 かなり精密な仕上がりでびっくりしています。

平成30年05月18日プレート1

 こんな感じで、お出しするコーヒーとケーキのボードの間の、ちょっと上に置こうと思っています。ケーキとコーヒーですから、ボードの位置を入れ替えたほうがいいですね。
 ありがとうございました。

平成30年05月18日プレート2

6月の営業日

未分類
05 /17 2018
 6月は、8日金曜日から始めます。13日水曜日に開店して14日はお休みです。お間違えのないようお越しください。
 お待ちしています。

平成30年05月17日6月の営業日


今週のケーキとコーヒー豆

お知らせ
05 /16 2018
 今週お出しするケーキとコーヒー豆をご紹介します。
(ケーキ)
紅茶のプリン

抹茶のシフォン

焙煎コーヒーシフォン

ケーキの写真は、インスタにアップする予定です。

(コーヒー豆)
インドネシア マンデリン リントン 深煎り
マンデリン特有の香りと苦味、重厚なコクが特長のコーヒーです。

タンザニア キリマンジャロ 中深煎り
マンデリンより柔らかな苦味、コクもあり、芳醇なフレーバーが特長のコーヒー豆です。

パナマ ハートマン フルウォッシュド 中煎り
パナマの豆は、ゲイシャに代表されるように爽やかな味わいの豆が多いです。この豆も、クリーンで爽やかな味わいのコーヒーです。

コーヒーの会のお知らせ

お知らせ
05 /12 2018
 本日はたくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

 コーヒーを楽しむ会を計画しました。第1回目は、アイスコーヒーです。
日時:
6月10日(日)12:00~13:00
6月23日(土)12:00~13:00
7月06日(金)12:00~13:00
会費:1,200円(ケーキ付き)
定員4名
抽出方法の違う4種類のアイスコーヒーを飲み比べます。(水出し式:熟成したものと2種類、浸漬式、急冷式)
興味のある方は、1週間前までに連絡下さい。参加希望で、日程の合わない方はご相談下さい。

直接お店で、または
ブログに鍵コメでメルアドをお知らせ下さい。
下記メルアドに連絡いただいても結構です。
yokoyoko0115@tbz.t-com.ne.jp

尚これ以降、
産地の違い:南米、中南米、アジア、アフリカ
抽出器具の違い:ペーパードリップ、サイフォン、フレンチプレス、ステンレスメッシュ
焙煎の違い:浅煎り、中煎り、中深煎り、深煎り
ペーパードリップ抽出器具の違い:スリーフォー、ハリオV60、カリタウェーブドリッパー、コーノ
などなどを企画していく予定です。

ドリッパースタンド

お知らせ
05 /11 2018
コーヒーを淹れる時、いつも決まった量となるよう、計りで抽出量を確認するようにしました。ドリップポットの上にドリッパーを直接乗せると計りずらいため、スタンドを作り、その上にドリッパーを乗せるようにしました。
この後、色を塗る予定です。


今週のコーヒー豆

コーヒー紹介
05 /10 2018
今週は以下のコーヒー豆を用意しました。

① 水出しコーヒー
 エチオピア イルガチェフナチュラル 深煎り
 イルガチェフは、エチオピアを代表するコーヒー豆です。スペシャリティコーヒー豆を販売するビーンズショップでは、かなりのところで見かけます。日本人は「モカ」が好きだと言われています。いわゆるモカフレーバーのする豆です。
 但し、「ナチュラル」精製のものはあまり見ません。フルーツとスパイスのフレーバーがします。水出しにすると、色々な味と香りが複雑に感じられる仕上がりになります。
 口に含むとかなり長くその味わいが口の中に残ります。余韻の長いコーヒーとなります。個人的には、ホットで飲むよりアイスのほうがそのおいしさを感じやすいと思っています。

② コロンビア ロス・イドロス 中深煎り
 コロンビア産の豆は、マイルドに仕上がるものが多いです。酸味、甘味、苦味が、それぞれほどほどです。つまり、クセがあまりなくて、バランスが良いということになります。

③ グアテマラ アンティグア サンタクララ 中深煎り
 華やかな香りが特徴のコーヒー豆です。苦味はあまり感じず、酸味と甘みが特長の豆です。

 今日は寒い日のようですが、明日以降は気温も回復しそうです。

 暖かくなるのを期待しながら、皆様のお越しをお待ちしています。 


いよいよ始まりました。

お店の紹介
05 /04 2018
 本日から、新しい場所での営業を開始しました。前のお店でのご常連さんの他に、初めてお出でいただいた方もいらっしゃいました。

開店祝いに、たくさんのお花をいただきました。 改めまして、お礼を申し上げます。

 明日も良い天気のようです。お時間を見つけてお越しください。お待ちしています。

平成30年05月04日お花2

平成30年05月04日たくさんのお花

今週のコーヒー豆

コーヒー紹介
05 /03 2018
 いよいよ、5月4日(金)より、再開させていただきます。
 今週は、以下のコーヒー豆を用意しました。

① グアテマラ コバン ブルボン FW 中深煎り
 グアテマラのコーヒー産地としては、アンティグア、アテトランなどが有名です。以前、アンティグア・パストレスやブルーレイク・アテトランという名のコーヒー豆をお出ししたことがありました。
 このコバンの伝統的な産地です。
 FWとは、フルウォッシュド、つまり水洗方式で精製しています。
 フルーティな風味と甘みが特長です。

② コスタリカ サンルイス イエローハニー 中深煎り
 この豆の特徴は精製方法です。コーヒーチェリーからコーヒー豆を取り出す時、水で洗う場合をウォッシュドと言いますが、果実の部分を50%ぐらい残して乾燥し豆を取り出す方法をイエローハニー精製と言います。水洗いをせずに、コーヒーチェリーを収穫したらそのまま果実ごと乾燥させるのを、ナチュラル精製と呼び、部分的に水洗いすることをハニー精製と呼びます。何%果実味を残すかで、レッドハニー、イエローハニー、ブラックハニーなどの呼び方があります。
 このコーヒー豆は、抽出した後温度が下がってくると、オレンジのような柑橘系のフレーバーが感じられるところが特徴です。

③ ケニア キウニュファクトリー 深煎り
 ケニア産の豆は、深煎りにすると、その個性を良く引き出せるものが多いですが、これもそのような個性を持ったコーヒー豆です。
 深煎りにすると、マンゴーのような甘味が感じられ、ダークチョコのようなフレーバーとまったりとした口当たりを感じます。

 この他にも、水出しアイスコーヒーを準備してお待ちしています。

 

YYSweetsCafe

コーヒーとケーキのお店です。どちらも、週替わりで違うものをお出しします。
お子様連れの方のために、オレンジ、アップルジュースをご用意しています。

住所:鶴見区馬場1-8-16
水道道沿い。馬場二丁目交差点、文化堂の前、澤野商事さんの隣です。

5月の営業日:
25日(金)・26日(土)・27日(日)
6月の営業日
8日(金)・ 9日(土)・ 10日(日)
13日(水)・15日(金)・16日(土)
22日(金)・23日(土)・24日(日)
28日(木)・29日(金)・30日(土)
営業時間:12:00~17:00
(LO:16:30)

今週のケーキなどについてはインスタにアップしていく予定です。
sweets_1029_coffee
にアクセスしてみて下さい。