いちごのタルト

ケーキ紹介
03 /27 2016
平成28年03月25日イチゴのタルト
irie+YY sweets weekenndという、嬉しいご提案をいただき

ひと月に一回、皆さんにケーキを食べていただけるようになりました。

来月も予定していますので、お楽しみに‼
スポンサーサイト

パカマラのコーヒー

コーヒー紹介
03 /26 2016
平成28年03月25日パカマラ

スペシャルティコーヒーを数多く産出している、ガテマラの豆です。お店では、ブルーレイクアテトラン、パストレスピーベリーという豆を良くお出ししていました。パカマラというのは、パカスとマラゴジッペという品種を掛け合わせて出来たもので、エルサルバドル産が有名です。マラゴジッペは粒の大きい品種で、パカスはフルーティでフローラルな味わいのする豆です。その両方のいいとこどりをしたという訳です。

 エスペランサ農園は、ガテマラでカップオブエクセレンスを獲得したコーヒー豆を産出した農園です。

 その味わいは、ゲイシャにも匹敵すると評価されています。

高原花豆とYYガーデン

未分類
03 /24 2016
平成28年03月23日花豆
昨年は花豆が不作だったとかで、いつも購入してるところでは手に入りませんでした。

先日、自由が丘デパートで見つけて、お高かったですが、

花豆好きなので、さっそく煮ました。大きいのは5㎝弱もありましたよ。

平成28年03月23日さやえんどうの花
さやえんどうの花です。オクラの花もそうでしたが、初めてみました。

とても楽しみにしている2種類のイチゴの花です。平成28年03月23日イチゴその1

平成28年03月23日イチゴその2
これを使ってケーキができるといいのだけれど。

グレープフルーツタルト

ケーキ紹介
03 /22 2016
平成28年03月22日グレープフルーツタルト
ずっと作りたかったタルトです。

クレームダマンドを先に少し焼いてから2種のグレープフルーツを並べました。

タルト生地とクレームダマンドのバターの味とジューシーなグレープフルーツがとてもあって

すごく すごく美味しいです‼

アッという間に完食です!(^^)!


ケニアの豆

コーヒー紹介
03 /20 2016
 ケニア産の豆は、SLというアルファベットがつきます。スコットラボラトリーの略で、コーヒー豆に1番から順番に番号をつけて、コーヒとして市場に出せるものを識別しています。今回紹介するものはSL28とSL34を使用しています。希少なピーベリーと書いてある通り、ピーベリーの豆です。精製はウォッシュド。アフリカンベッドでの天日乾燥です。苦味の立った典型的なケニアのウォッシュドのコーヒーが出来上がりました。ジャングル農園というのも、ケニアらしい農園の名称ですね。

平成28年03月20日コーヒーケニア

サボイキャベツのキッシュ

未分類
03 /19 2016
もう冬のコートはしまいましたか?

やっと春らしくなってきましたね。

冷凍しておいた生地でキッシュを焼きました。

サボイキャベツはちりめんのような模様があり生食にはむきません。

ソテーしてから他の具材とアパレイユと焼いたのですが、

グジャッとならずにいい歯ごたえです。

平成28年03月19日キッシュ
フランスの白ワインを合わせました。

いい陽気になってくると冷やした白ワインが美味しいです。

オレンジタルト

ケーキ紹介
03 /12 2016
平成28年03月11日オレンジタルト
生地は今まで通りにしました。

作りやすい分量だと、このタルトの分とキッシュ型ともう一台ぶん、ぎりぎりですが

敷きこめるので、冷凍しておきました。

クレームダマンドにはグランマニエをいれました。

柑橘系のケーキは今食べたいケーキですよね。

ホットケーキ

未分類
03 /06 2016
平成28年03月05日ホットケーキ
粉ものが食べたくなりました。

ケーキも、粉ものですが、冷蔵庫にあるものですぐできるのが

ホットケーキです。

バターとメープルシロップで食べるのが好きです。

家では、行列しないで食べたいときに食べれます。

ココアでシフォン

ケーキ紹介
03 /05 2016
ココアとスライスアーモンドシフォン

平成28年02月23日ケーキ

ココアと金柑シフォン

平成28年03月04日金柑とココアのシフォン
見た目は全く同じですね。

チョコ味と柑橘系はよく合います。

ココアを加える時はしっかりメレンゲを泡立てて

手早く混ぜないとだめです。

ホワイトハニー

コーヒー紹介
03 /04 2016
 コスタリカは、中南米の国です。生産量は、世界のトップ10に入らない国ですが、単位面積当たりの生産量では世界一です。つまり、密度の濃い生産をしていることになりますね。

 ホワイトハニーとラベルに書いてあります。精製方法の一種です。コーヒー豆の精製方法には大きく分けてウォッシュドとナチュラルの2種類があります。ウォッシュドは、コーヒーチェリーを水をためた発酵槽につけて、果皮と果肉を発酵させて水で洗って豆を取り出す方式です。ナチュラルは、コーヒーチェリーをそのまま乾燥させて脱穀して豆を取り出します。ハニー精製というのは、その中間のやりかたです。果皮あるいは果肉をある程度除去してから乾燥させて豆を取り出す方式で、取り除く程度で、イエローハニー、レッドハニーと言った名前がつきます。ホワイトハニーはウォッシュドに近く、殆どの果肉を除去して乾燥させます。

 ティピカ種は、ブルボン種と並ぶスペシャルティコーヒーの定番の豆で、スッキリとした味わいのコーヒーに仕上がります。ティピカ種がブラジルに持ち込まれたのが1727年。ブルボン種が持ち込まれたのが1770年のことですから、ティピカ種のほうが先に伝わったことになります。

 飲んでみますと、苦味のある味わいです。大人の味と言ったところでしょうか。温度が低くなるにつれてナチュラル系のフレーバーが広がってきます。コーヒーチェリーの果肉が発酵したような臭い。決して変な香りではありませんが、独特の香りです。ハニー精製やナチュラル精製の豆は、後味に甘味と酸味を感じられるのが特徴で、余韻も長く甘さが長く続きます。

 最近流行りの精製方法ですので、ビーンズショップで見かけたら、一度お試しください。

平成28年03月03日コーヒー豆 

YYSweetsCafe

住所:鶴見区上末吉1-16-29
   斎藤様方1階
詳しい地図は、7月31日のブログ記事を見て下さい。

営業時間:
12:00~17:00
(LO 16:30)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。