ダイヤモンドマウンテン

コーヒー紹介
12 /28 2016
 年末年始、カフェはお休みさせていただきますが、コーヒー好きの私たちですので、家で毎日コーヒーを飲んでいます。

 今週買ってきたのは、ダイヤモンドマウンテンという銘柄です。パナマ、エスメラルダ農園と書いてあります。そう、世界最高級豆と評されるゲイシャを産出している農園です。エスメラルダ農園のゲイシャは、人気があるのですぐに売り切れ、なかなか手に入れることはできません。

 ただし、エスメラルダ農園は、ゲイシャだけを作っているのではありません。このダイヤモンドマウンテンは、ティピカ、ブルボン、カトゥアイという3種類の豆を使っています。香りを嗅ぐと、フルーティな甘酸っぱい香りがします。一般的なコーヒーだと香ばしい香りがしますが、これは少し違います。

 口に含むと、酸味と苦味のアタックが強いですが、温度が低くなると全体的なバランスが良くなってきて甘味も感じられます。

 この豆もエレガントな味わいですが、ブルマンやコナのほうが、もう少し飲みやすさを感じました。


平成28年12月28日ダイヤモンドマウンテン
スポンサーサイト

メリークリスマス

未分類
12 /25 2016
横浜は、いいお天気の3連休になりましたね。

楽しいクリスマスとなりましたでしょうか?

昨日で今年の営業を終えました。

今年中に再開できるとは思っていなかったので

バタバタしているうちに、アッという間に年末になってしまいました。

でも、ケーキもたくさん焼きましたし、コーヒーの会、ワインの会と

お誘いすることができ、再開してよかったと、二人とも思っています。

これからもよろしくお願いしますね。

平成28年12月24日マーマレード
大家さんのお庭の甘夏の大きな木。

いただいてマーマレードを作りました。

たくさん実がなっているので、まだまだできそうです。

ピールも作り、ケーキに使います。

では、よいお年を!



今週のケーキ

ケーキ紹介
12 /22 2016
今週はクリスマスですね。

どこも賑やかなんでしょうね。

YYにはクリスマスの飾りもなければ、今週のケーキも

クリスマスケーキではありません。

皆さん、有名パティシエの綺麗で美味しいケーキをオーダーしてるんではないですか?

なので、今週はクリスマスムードに逆らって?タルトにしました。

さつまいものタルトとりんごのタルトです・


平成28年12月22日タルト

この後ナパージュしてツヤを出します。

タルトとブルマンとコナで今週、お待ちしています。

改めて、コナとブルーマウンテン

コーヒー紹介
12 /21 2016
 今週お出しする、コナコーヒーとブルーマウンテンについて、改めて紹介したいと思います。いつも通りの表にまとめると以下の通りとなります。

平成28年12月19日コーヒー豆の表

 この2つのコーヒー豆は、「世界3大コーヒー豆」と言われています。残りの1つは、タンザニアのキリマンジャロですが、市場価格や希少性で見ると、少し下のレベルといえるでしょう。

 コナ、ブルーマウンテンともティピカ種という豆を使っています。すっきりとした、軽やかな味わいが特徴の豆です。ワインでいうと、ブルボン種は、カベルネソーヴィニオンを使った、ボルドーのマルゴー。ティピカ種は、ピノノワールを使った、ブルゴーニュのロマネコンティといったところでしょうか。

同じアラビカ種でも、ブルボン種のような苦みの利いたコーヒーらしい味わいより、ティピカ種の香りが良くてすっきりとした味わいの評価が高いようです。

コナコーヒー
 ハワイのコナ地区標高500mのところでとれた豆に「コナ」と名付けることができますが、生産量が少なく「ブレンド」されて販売するものが多いようです。
 ホワイトハウスで催される晩餐会では必ず使用されるというブランド力を誇っています。
 嫌みのないすっきりとした酸味、まろやかな甘みとコクが特徴の味わいとなります。

ブルーマウンテン
 ブルーマウンテン山脈標高800~1,200mの場所でとれたものだけ「ブルーマウンテン」という名を使用できますが、それ以外の標高のものや、私どもでもお出しするパプアニューギニア産「アジアのブルマン」と呼ばれる「パラダイスプレミアム」を、ブルーマウンテン(ブレンド)と称して販売するケースもあるようです。
 香りが高く繊細な味わいがします。上品でエレガントなコーヒーです。
 コナコーヒーと違ってナチュラル精製ですので、このコーヒーチェリーのもつ果実のフルーティな香りと味わいのするコーヒーに仕上ります。

 1杯目は800円でお出ししますが、2杯目は500円とさせていただきます。両方共飲んでいただくと、合計1,300円。つまり1杯650円ということになります。

 尚、通常価格(450円)のコーヒー豆も用意しております。

 ケーキと1杯目のコーヒーのご一緒の注文は、50円割引です。

 皆様のお越しをお待ちしています。


カフェの歴史(その1)

コーヒーのうんちく
12 /16 2016
今回は、欧米と日本のカフェの歴史について触れたいと思います。
各国で初めてカフェが開店した年とカフェの名前を年度順に表にしました。
カフェができる前のヨーロッパでは、ワインやビールなどのアルコール飲料を飲みながら人々が集う居酒屋が続いていました。これら「酩酊」の場に対して、「覚醒」の場を提供したのがカフェです。

平成28年12月16日カフェの表

これは、イギリスで1760年頃から始まった産業革命と軌を一にしたものです。資本主義経済の進展により、人々はより効率的な労働を要求されるようになりました。覚醒作用を伴うコーヒーは、この時代の要請にかなった飲み物だったのです。

伝統的居酒屋の役割を侵食しながら、カフェはヨーロッパ社会に浸透していきます。

もう一つ触れておきたいのが、イギリスとアメリカの動きです。「アフターヌーンティ」という通り、紅茶好きで知られているイギリスですが、この表に示す通り、ヨーロッパで一番早くカフェが開店したのは、イギリスです。この時イギリスのカフェでは、コーヒーが飲まれていました。しかしイギリスは、コーヒー貿易で、オランダやフランスとの競争に敗れ紅茶貿易に転じました。

イギリスは「茶条例」を発布して輸入紅茶を独占し、価格を釣り上げた上に重税を課しました。当時イギリスの植民地だったアメリカはこれに怒り、ボストンに停泊していたイギリス東インド会社の船を襲撃して、積み荷の紅茶を全て海の中に捨ててしまいました。これが「ボストン茶会事件」です。この事件をきっかけにして、アメリカは独立戦争に突き進んでいくことになります。

このような経緯から、イギリスは紅茶を飲む国となり、アメリカはコーヒーを飲む国になって行ったという訳です。これ以降アメリカは、世界最大のコーヒー消費国になりました。

明日と明後日のケーキ

ケーキ紹介
12 /15 2016

ニンジンとレーズンのシフォン

マーマレードショコラ

リンゴとクルミのマフィン

の3種類を用意しています。

平成28年12月15日リンゴとクルミのマフィン

最近マフィンの登場が多いです。

今まで食べたマフィンより、美味しいわ。と言っていただいているので。

パサパサのシフォンしか食べたことないけど、こちらのシフォンはしっとりして

すごく好き。とシフォンもほめていただきました。

マフィンもシフォンも、まだの方、いかがですか?

寒い日が続くようですが、お時間があればお出かけください。

お待ちしています。



1月の営業日

営業日
12 /14 2016
1月の営業日についてお知らせします。

平成28年12月14日1月の営業日

極寒の季節になりますが、皆様のお越しをお待ちしています。

今週のコーヒー豆

コーヒー紹介
12 /13 2016
今週は以下のコーヒー豆を用意しました。


平成28年12月13日今週のコーヒー豆


平成28年12月13日今週のコーヒー豆の表

 ブラジル、ペルーと南米産の豆です。

 有機ペルーは、軽やかな味わいの豆で、酸味・甘味ともほんのりしていて、苦味はあまり感じません。

 アマレロブルボンは、酸味・甘味・苦味を感じますが、そのバランスが良くとても飲みやすいコーヒー豆です。

 ショコラは、その名の通りショコラフレーバーの豆です。ナッツ・カカオの風味をお楽しみください。



ブルマンとコナをお出しします。

コーヒー紹介
12 /10 2016
世界最高のコーヒー豆と称されているのが、ジャマイカのブルーマウンテンと、ハワイのコナコーヒーです。
YYカフェでは、この2つのコーヒー豆を12月22~24日に1杯800円でお出しします。

ジャマイカのコーヒー豆は、輸出用として「ブルーマウンテン」「ハイマウンテン・スプリーム」「ジャマイカ・プライム」「ジャマイカ・セレクト」の4種類が生産されています。
またブルーマウンテンは、No.1、No.2、No.3、ピーベリー、トリアージュの5つの等級に区分されています。欠点豆の数でこの等級は付けられますが、No.1は、欠点豆がほとんど含まれていないことを示しています。

今回お出しする豆は「ブルーマウンテンNo.1」です。すなわち最高級のブルーマウンテンということになります。

世間には色々な「ブルーマウンテン」があります。よくあるのが「ブレンド」や「レギュラー」といったネーミングがついたもの。「ブレンド」というネーミングは、ブルマンが30%以上入っていれば使えますが。逆に言うと30%しか入っていないかも知れません。
今回お出しするのは、正真正銘のブルーマウンテンNo.1です。

一方の「コナコーヒー」。こちらも「コナ・エクストラ・ファンシー」「コナ・ファンシー」「コナNo.1」などに等級分けされます。コナコーヒーの場合は、10%以上含まれると「コナブレンド」という名前が使えます。
コナコーヒーのほうも、最高級のコナ・エクストラ・ファンシーをお出しします。

どちらも品種はティピカ種です。焙煎にもよりますが、軽やかでフローラルな香りのするコーヒーに仕上がると思います。

この2つのコーヒー豆が何故高いかというと、一般的にスペシャルティコーヒーと言っても、殆どは、その農園が欠点豆を取り除いたり、サイズをそろえたりということをしています。この2つは、ジャマイカ政府とハワイ州政府が責任をもって、その品質を管理しています。その名にふさわしいコーヒー豆を出すことを国または州政府が保証しているわけです。品質管理はより厳しくなりますので、その分高価格なコーヒー豆となるわけです。

ご興味のある方はぜひお越し下さい。

明日は、ケーキの他に・・・

未分類
12 /08 2016
平成28年12月08日ブロッコリーケークサレ
ブロッコリーのケークサレ。

甘くないです。よろしかったらどうぞ。

平成28年12月08日太白ごま油クッキー
卵もバターも使っていません。

太白ごま油で作ってみました。

ザクザクして素朴な美味しさ。

ケーキに添えます。

では、明日、明後日お待ちしています。

紅茶のシフォンとブルーベリーとホワイトチョコのマフィン

ケーキ紹介
12 /07 2016
寒い一日でしたね。

こんなケーキを用意しています。

平成28年12月07日紅茶のシフォン
紅茶のシフォン

濃い目に煮だしたアールグレイの紅茶液と茶葉をいれています。

平成28年12月07日マフィン
前回はビターチョコレートを使いましたが、今回はホワイトチョコを。

温めてお出ししました。

明日はお休みで、金、土曜の営業です。

お待ちしています。

今週のコーヒー豆

コーヒー紹介
12 /06 2016

今週は以下のコーヒー豆を用意しました。

平成28年12月06日今週のコーヒー豆

平成28年12月06日今週のコーヒー豆の表

ベラクルースルビー
前に中深煎りでお出ししたものを、今回は浅煎りにしてみました。この豆は元々マイルドな味わいです。浅煎りにするとさらにマイルドとなり、酸味もすっきり。シフォンのような軽めのケーキにピッタリです。

エーデルワイス
ベラクルースルビーほどではありませんが、酸味、甘味、苦味のバランスのとれた柔らかな味わいのコーヒーです。アフリカ産のコーヒー豆は一般的に苦味の利いたものが多いのですが、これはマイルド系です。チョコレートを使ったマフィンなどに合うコーヒーだと思います。

クラッシックモカマタリ
ナチュラル精製のものを中深煎りにしてもらいました。ナチュラル独特のフレーバーのするコーヒーですが、中深煎りにすることにロリ、苦味が強調されて、コーヒーらしさが際立つ味わいに仕上がっていると思います。

今週は水曜日、金曜日、土曜日の開店で、少し変則的な日程ですが、ご都合のいい時にお越しください。お待ちしています。

コーヒーを楽しむ会(第2回)を開催します。

お知らせ
12 /06 2016
第2回コーヒーを楽しむ会を開催します。前回は、サイフォン、フレンチプレス、ドリップという抽出器具での飲み比べでした。今回は、ドリップ器具の飲み比べをしたいと考えています。興味のある方は、鍵コメなどで連絡下さい。

日時:1月21日(土) 12:30~13:30
場所:YY Sweets Cafe
テーマ:左から、ハリオV60、コーノ式、スリーフォーのドリッパーですがこれらの器具を使って淹れ方を変えて味わいの違いを楽しみます。写真はありませんが、ウェーブドリッパーという器具も使おうと思っています。盛り合わせケーキもお出しします。
会費:1,200円

興味のある方は、ご連絡ください。

また、興味があっても、この日では都合が悪い方は、連絡をいただければ別途都合のいい日に開催させていただきます。
平成28年12月02日珈琲

YYワイン会その2

ワイン会
12 /04 2016
 昨日に続き、お出ししたワインなどをアップします。最初に用意したのは、この6本。

平成28年12月03日YYワイン会5

 右側のワインからお出ししました。

平成28年12月04日ワインの表

①1本目のスパークリングは、日本産の甲州。2014年から始まった、女性が選ぶワインアワード「サクラアワード」でダブルゴールドという上から2番目の評価をされたワインです。すっきりとして飲みやすく、お客様の評価も高かったです。
②2本目は、シャルドネと言えばこれ。シャブリです。
③3本目はアルザスのゲベルツトラミネール。ライチの香りが特徴です。
④4本目は、ブルゴーニュのピノノワール。当たり年と言われる、2005年ヴィンテージです。
⑤5本目は、ボルドーメドックの2級格付けのセカンドワインです。
⑥6本目は、ボルドーメドックの5級格付けのものです。
これだけでは足りなかったので、2本追加しました。

平成28年12月03日YYワイン会8

 右側が、北海道小樽産のシャルドネ。1,029本限定生産という貴重品です。
 左側は、チリ産のピノノワール。
 評判が良かったのが、スパークリングワイン、アルザス、メドック5級、北海道のシャルドネ、チリ産のピノでした。
 ブルゴーニュ産のピノは、当たり年の2005年産のもので、10年以上熟成しています。これよりチリ産のほうが人気だったのは意外でした。ゲベルツも、あまりなじみのない品種ですが、フレッシュでフルーティな味わいが良かったようです。
 シャルドネも、シャブリより日本産のほうが人気というのが意外でした。

 昨日アップしていませんでしたが、ブルーチーズなどのチーズ類、燻製ナッツ、ドライフルーツなどもお出しし、ワインのつまみとして好評でした。

平成28年12月03日YYワイン会7

 7人の方で、8本。YYワインの会では、いつもお一人様平均1本以上飲まれます。お強い方が多いです。
 興味がある方は、次回参加をお待ちします。

YYワイン会

未分類
12 /03 2016
今日はワイン会でした。

飲んで食べて、楽しんでいただけたでしょうか?

平成28年12月03日YYワイン会2
野菜スティックに、2種のディップ。

水切りヨーグルトとマヨネーズをベースにしてワサビ味と味噌味。

平成28年12月03日YYワイン会3
カリフラワーのココットと、チュイール・フロマージュ。

平成28年12月03日YYワイン会4
牛ほほ肉の赤ワイン煮。

ほほ肉の解凍から、仕上がるまで約1週間かかりました。

その甲斐あって、美味しく出来上がりました。

あと、きのこのデュクセルとシーチキンとゴマのディップも作りました。

次回は、イタリアワインを、とか言っていますので

それに合ったお料理考えます。

楽しみにしていてくださいね。

今日参加の皆様、ありがとうございました。

YYSweetsCafe

住所:鶴見区上末吉1-16-29
   斎藤様方1階
詳しい地図は、7月31日のブログ記事を見て下さい。
7月の営業日
7月 8日(土)・ 9日(日)
7月14日(金)・15日(土)
営業時間:
12:00~17:00
(LO 16:30)