スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のコーヒー豆

コーヒー紹介
03 /19 2015
平成27年03月18日今週のコーヒー豆

今週は、「アフリカのブルマン」「アジアのブルマン」と呼ばれる豆を用意しました。ブルーマウンテンというと、ジャマイカ産のティピカ種です。先週お出しした、キンデン・ピーベリーと同じ品種です。

ジャバ・ロングベリー:カメルーン産:中煎り
ジャマイカ原産の豆がカメルーンに伝わり品種改良されたものです。この豆は、紅茶を思わせるジャスミンの香りとレモン・グレープフルーツといった柑橘系のフレッシュで明るい酸味を感じさせてくれるコーヒーに仕上がります。「アフリカのブルマン」と言っていいでしょう。

パラダイスプレミアム:パプアニューギニア産:中煎り
「アジアのブルマン」として有名な豆です。この豆もフローラルでフルーティな味わいが特徴ですが、
カメルーン産の豆とどのように違いがあるかを楽しんでいただきたいと思います。

我が家ではワインもたしなみますが、同じブドウ品種でも産地によって味わいが違ってきます。例えば白ワインで良く知られている、ソーヴィニオン・ブラン。基本的には、草と柑橘系フルーツの香りがしますが、ニュージーランド産はバジルなどハーブ系の香りが強くなります。フランスの南の産地では、より果実味が強くなるといった違いが出てきます。コーヒーでも、同じ品種のものが、産地によってどのように違うのかを比べてみるのも、コーヒーを飲む楽しみの1つだと思います。

カロシトラジャ:インドネシア産:中深煎り
インドネシア産のコーヒー豆は、苦味とコクが特徴です。苦味と言っても円やかな苦味で、コクと甘みも感じられる、インドネシア産の最高級品質と言っていいでしょう。スラウェシ島南部標高1,500mのトラジャ地方で栽培されています。深煎りにすると、この豆の良さが引き出せると思い、中深煎りにしてもらいました。コーヒー好きの方にお勧めの豆です。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YYSweetsCafe

住所:鶴見区上末吉1-16-29
   斎藤様方1階
詳しい地図は、7月31日のブログ記事を見て下さい。

営業時間:
12:00~17:00
(LO 16:30)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。