ケニアの豆

コーヒー紹介
03 /20 2016
 ケニア産の豆は、SLというアルファベットがつきます。スコットラボラトリーの略で、コーヒー豆に1番から順番に番号をつけて、コーヒとして市場に出せるものを識別しています。今回紹介するものはSL28とSL34を使用しています。希少なピーベリーと書いてある通り、ピーベリーの豆です。精製はウォッシュド。アフリカンベッドでの天日乾燥です。苦味の立った典型的なケニアのウォッシュドのコーヒーが出来上がりました。ジャングル農園というのも、ケニアらしい農園の名称ですね。

平成28年03月20日コーヒーケニア
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YYSweetsCafe

コーヒーとケーキのお店です。どちらも、週替わりで違うものをお出しします。
お子様連れの方のために、オレンジ、アップルジュースをご用意しています。

住所:鶴見区馬場1-8-16
水道道沿い、馬場二丁目交差点、文化堂の前、澤野商事さんの隣です。

7月の営業日
19日(木)・20日(金)
25日(水)・26日(木)・27日(金)

営業時間:12:00~17:00
(LO:16:30)

今週のケーキなどについてはインスタグラムにアップしていく予定です。
sweets_1029_coffee
にアクセスしてみて下さい。