病虫害の発生

コーヒーのうんちく
11 /14 2016
 1,861年、アフリカでコーヒーの葉を枯らす細菌性の病気「サビ病」が発生し、1,868年スリランカ、ジャワ、スマトラ、インドに拡大して行きました。特に、スリランカ、インドでは壊滅的な打撃を受け、以後コーヒー栽培を断念し、(紅)茶栽培に方向転換をしました。

 このサビ病が発生しなければ、インドのアッサムティーやダージリンティーはできなかったのかもしれませんね。

 このサビ病対策として、カネフォラ(ロブスタ)種の採用につながっていきました。ロブスタ種は1,898年コンゴで発見された豆で、病気、暑さに強く多収穫、という性質が評価されて、栽培が広がりました。コーヒー豆生産量世界2位はベトナムですが、ロブスタ種の生産が大部分です。但し、ロブスタ種は苦味と雑味の強い豆なので、100%ロブスタ種で淹れたコーヒーはとても飲めたものではありません。

 ところで、自販機やコンビニで買える缶コーヒーは1缶100円ぐらいです。中にはエメマンブレンドをうたっているものもあります。しかし、コロンビア産の最高級品質のエメラルドマウンテン100%ではありません。200gで1,500~2,000円する豆を100%使ったのでは、1缶100円では採算が取れないでしょう。そこに使われるのがロブスタ種です。単価の安いロブスタ種をできるだけ多く使って、スペシャルティコーヒーのようなコーヒーらしさを出すというのが缶コーヒーメーカーの考え方です。但し、100%ではありませんから、味わいは・・・・・
 いくらエメマンと謳ってみても、当店で10月にお出ししていたエメラルドマウンテンとは全く別なものです。

それではまた次回。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YYSweetsCafe

住所:鶴見区上末吉1-16-29
   斎藤様方1階
詳しい地図は、7月31日のブログ記事を見て下さい。
5月の営業日
11日(木)・12日(金)・13日(土)
17日(水)・19日(金)・20日(土)
25日(木)・26日(金)・27日(土)
営業時間:
12:00~17:00
(LO 16:30)