カフェの歴史(その1)

コーヒーのうんちく
12 /16 2016
今回は、欧米と日本のカフェの歴史について触れたいと思います。
各国で初めてカフェが開店した年とカフェの名前を年度順に表にしました。
カフェができる前のヨーロッパでは、ワインやビールなどのアルコール飲料を飲みながら人々が集う居酒屋が続いていました。これら「酩酊」の場に対して、「覚醒」の場を提供したのがカフェです。

平成28年12月16日カフェの表

これは、イギリスで1760年頃から始まった産業革命と軌を一にしたものです。資本主義経済の進展により、人々はより効率的な労働を要求されるようになりました。覚醒作用を伴うコーヒーは、この時代の要請にかなった飲み物だったのです。

伝統的居酒屋の役割を侵食しながら、カフェはヨーロッパ社会に浸透していきます。

もう一つ触れておきたいのが、イギリスとアメリカの動きです。「アフターヌーンティ」という通り、紅茶好きで知られているイギリスですが、この表に示す通り、ヨーロッパで一番早くカフェが開店したのは、イギリスです。この時イギリスのカフェでは、コーヒーが飲まれていました。しかしイギリスは、コーヒー貿易で、オランダやフランスとの競争に敗れ紅茶貿易に転じました。

イギリスは「茶条例」を発布して輸入紅茶を独占し、価格を釣り上げた上に重税を課しました。当時イギリスの植民地だったアメリカはこれに怒り、ボストンに停泊していたイギリス東インド会社の船を襲撃して、積み荷の紅茶を全て海の中に捨ててしまいました。これが「ボストン茶会事件」です。この事件をきっかけにして、アメリカは独立戦争に突き進んでいくことになります。

このような経緯から、イギリスは紅茶を飲む国となり、アメリカはコーヒーを飲む国になって行ったという訳です。これ以降アメリカは、世界最大のコーヒー消費国になりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YYSweetsCafe

住所:鶴見区上末吉1-16-29
   斎藤様方1階
詳しい地図は、7月31日のブログ記事を見て下さい。
7月の営業日
7月 8日(土)・ 9日(日)
7月14日(金)・15日(土)
営業時間:
12:00~17:00
(LO 16:30)